「よく働き」「よく学び」「よく遊ぶ」@プロポーションづくりのダイアナ

インタビュー記事

今回は、プロポーションメイキングの総合コンサルティングを展開する株式会社ダイアナのTeam Happiness(採用/教育部門)、経営戦略部社長室長を担う高畑 公志様にお話を伺いました。

ダイアナ様は「女性美の原点はプロポーションの美しさにある」という想いのもと、1986年に設立をしました。
全国にフランチャイズサロンを約750店舗展開し、「美しいプロポーションを手に入れたい」「健康的な美しさを維持したい」という女性の願いを叶えてきました。

今回は、そんなダイアナ様だからこそできる経験や体験をお聞きしました。社員の皆様を大切に思う気持ちが伝わる魅力たっぷりのインタビューでした。

Q:御社の理念や会社の事業内容を教えてください

高畑公志様:(以下、高畑様)

弊社は、「常に誠実であり より良い商品とサービスを提供し顧客中心に美と価値を創造して社会に貢献する」という理念を掲げております。
ただ商品、サービスを提供するだけでなく、女性の「なりたいわたし」を実現し、
女性の美に貢献をしております。また、女性が活き活きと活躍できる社会を目指し、社会の公器として皆様から認められるように取り組んでいます。

事業は創業来一貫して「女性のプロポーションづくり」をテーマに、美と健康を軸としたソリューションを展開しております。

補整下着や、栄養補助食品、化粧品、ウィッグなど、プロポーションづくりだけにとどまらず、
女性美の追求をする為に伴走させて頂いております。

事業展開方法としては、サロンと呼ばれる店舗をフランチャイズで全国に展開しており、現在約750店舗で事業活動をおこなっております。

お客様はプロポーションづくりや美容に関心を持たれ、更なる美の実現を目指し、来店いただきます。私たちは、サロンのオーナーが来店されたお客様に対して、サービス、品質、コンプライアンスなど適切な状態でサービスを提供できるように、フランチャイズ本部としてサポートしております。

美容に関する講座やレッスン、商品)使い方など、ダイアナが持つノウハウをオーナーの皆さまに情報・技術提供してお客様に提供するクオリティを高水準で維持する体制を整えております。


今は、Diana Dream Vision 2030という目標を掲げており、2030年に、サロン数4000店舗に向けて突き進んでおります。

Q:教育の強みや仕組みをお聞かせください。

一人一人が自分自身でキャリアを切り開けるように

高畑様:弊社はフランチャイズ本部であり、全国の750のサロンに対してコンサルティングを通じた経営サポートをしなければなりません。また、時流に沿った商品を開発、新たな業態を開発する部門や海外事業など様々な部隊が存在します。

心掛けていることは、常に最先端で学び続けて、新しい時代を敏感にキャッチアップし、商品開発や、仕組みなど、世の中にまだない新たな価値を創出することです。
その為には、学び続けないといけないんですね。

代表(代表取締役社長 兼 会長 徳田 充孝様)もよく話しているのですが、小学生から大学生まで学ぶ期間が16年間あります。一方で、社会に出ると、23歳からだいたい60歳までの約37年間もの時間があります。学生の時より働く期間の方が圧倒的に長いんですよね。

また、今は人生100年時代と言われていますので、働き続ける時間、それに伴い学び続ける時間は増えているのが現状です。

人生の一部の時間を仕事に費やすことになります。その働く時間が充実すれば、人生は充実します。そのためには、学びを続け、働く時間のクオリティが上げる事が大事になってきます。

せっかく働くなら、自分たちから主体的に学び、学んだことを仕事に反映させる。一人一人が自分自身でキャリアを切り開けるようになってほしいと思っています。

だからこそ、会社としても研修の仕組みを整え、力を入れるということは経営方針で決まっています。

ダイアナユニバーシティ構想

Diana Dream Vision 2030に向けて人財育成も充実化させています。

具体的には、ダイアナユニバーシティ構想というものを掲げております。

ダイアナユニバーシティ構想とは、社内で一人一人がキャリア成長を実現できるよう、社内ビジネススクールのようなものです。

ビジネスの基本スキルだけでなく、商品の知識や専門的なノウハウなど様々なコンテンツを学べる機会を用意しております。
私自身MBAを取得しておりまして、マーケティング、経営戦略、ファイナンスなどを担当しております。
また、社内だけではなく、社外の方を呼び研修も実施しています。

他にも、美来塾(みらいじゅく)という、20代を中心とした自治組織があり、
それぞれの判断で勉強会を実施したり、勉強会だけでなく、より実践的な活動を目的に、
新規事業立案などの取組みも行っています。

若手だけで新規事業合宿という1泊2日の合宿に行くこともあるんですよ。

当初はマーケティングを教えるプチビジネススクールだったのですが、
学ぶだけじゃ面白くないと思うんですよね。結局はアウトプットをして活かしていかないといけない。という考えからアウトプット主体の今の形になりました。

この活動は、若手主体で実施しており、基本的にダイアナのビジョンと一致していれば、
どんどん挑戦してほしいというスタンスで行っております。

もちろん、管理職に対しても教育を施しており、ユニークなものだと、1年に1回滝登り研修を実施しています。
管理職同士の横のつながりを強固にし、チームワークの重要性を理解するために実施しております。

Q:新入社員に焦点を当てるとどのような教育内容になりますか?

入社2カ月で計画した新規事業が実現?

高畑様:まず、最初は2カ月間研修があります。ビジネスの基礎だったり、マナーなど一般的な内容を学びます。他にも、各部門に行き、業務の中身や、OJTによる自社独自のルールの理解を進めていきます。

新入社員の教育で行っている工夫は「説得力のある人材育成」「柔軟に対応をすること」の2つです。

説得力に関しては、弊社がコンサルティングをするフランチャイズオーナーは、サロン店舗の経営者として活躍している方々です。その方にコンサルティングを通じたサポートを提供し、自分が話していること(会社の方針など)を理解してもらい、最終的に行動してもらわなければなりません。経営者に賛同してもらい、行動をとってもらうためには、礼儀や基礎的なマナーもそうですが、知識やコミュニケーションといった総合スキルが必要となります。
だからこそ、一人一人が成長出来るように、会社として学べる場を提供しています。

「柔軟に対応すること」に関しては、
例えば、今のこのご時世だとコロナの影響もあり、出社制限しており、ビフォーコロナのような働き方が出来ないんですね。なので、テレワークでの研修も行っております。テレワークで研修をしながら実務的な要素も取り入れるために研修のゴールで、代表の徳田へビジネスプレゼンをやってもらいます。最近行ったものは、新規事業のプレゼンだったのですが、それが「面白い!」となり、実際に新入社員が考えた新規事業がスタートしようとしています。

弊社の研修は、ただ学ぶだけではなく、すぐにアウトプット、活かせるような仕掛けを取っているのでかなり実践的です。
代表の徳田も「よく、入社2カ月でこんな良いアイディアが出たね!」と驚いています。

Q:実務に紐づけながら面白い研修を企画されていますね!考えるポイントはありますか?

高畑様:自分が受講して面白くないものはやりたくないんですよね。単純に理論理屈を伝えても恐らく次の日覚えてないと思うんですよ。どうせ勉強するなら身になるようにしたいですし、やるなら楽しくやりたい。毎年毎年進化させながら実施しています。

これらの研修は、私もそうですがTeam Happinessという部門が統括しています。代表の徳田の思いが表れているのですが、企画する者も研修を受ける者もすべての社員がハッピーになってほしい。そのような思いから研修、採用部門はTeam Happinessという名前がついています。

代表の徳田も良く話しているのですが、「家族のような会社にしたい」と常々言っています。実は、弊社の採用の説明会は徳田が自ら登壇するのですが、そこでも「家族のような会社にしたい」「100年続く会社を創りたい」と直接求職者の方に声を届けています。

人に対する想いは、人一倍強いと思っています。

Q:どのような人を求めていますか?

高畑様:一緒に美容業界のど真ん中を走り抜けてくれる仲間を募集しています。今、私たちはDXを推進しています。美容×DXという美容業界の最先端を走っていこうとしています。日本や、世界も視野に入れているので、高い目標を一緒に持てる人にはすごく楽しめるんじゃないかと思っています。

どうせ働くのであれば、楽しく働いてほしいし、成果を出して、称賛されてほしい。
その為に会社としては、評価の仕組みや、教育制度を整えています。

よく働き、よく学び、よく遊ぶ。そんな人生を社会人として歩みたい方は是非、ご応募ください。

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは
「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」と定義しています。

インタビュアーのコメント

今回は、株式会社ダイアナの高畑様にお話を伺いました。
ダイアナユニバーシティ構想、美来塾、新規事業創出合宿など、数多くの教育施策を実施されており、
若手が自ら主体的に会社を創る環境があるように感じました。

ビジョンを明確に掲げ、達成に向けて会社として様々な施策を打たれている点が私自身刺激になり、
教育研修会社としても真似をしたいことがいくつもありました。
高畑様、貴重なお話をありがとうございました。

会社概要

社名:株式会社ダイアナ
設立年月:1986年7月1日
所在地 :本社 東京都渋谷区富ヶ谷1-35-23

HP:https://www.corp.diana.co.jp/
採用ページ:https://recruit.diana.co.jp/

人事プロフィール
Team Happiness(採用/教育部門)経営戦略部社長室長
高畑公志

■キャリア
1)株式会社ダイアナ、Team Happiness(採用/教育部門)と経営戦略部社長室長
2)株式会社Dサクセッションパートナーズ 代表取締役

前職は、企業のマーケティング/B2B営業開拓支援の会社
→2006年の日本拠点設立から加わり、オペレーション、組織管理、営業、マーケティングに関与し、
 日本拠点でのビジネス拡大に貢献

■資格
Master of Business and Information/経営情報修士

コメント