人材育成と経営支援を通して、いかなる環境においても幸福を追求できるヒトと企業を作る@株式会社エッジコネクション

インタビュー記事

 今回は、株式会社エッジコネクションの大村康雄様、趙美紀様にお話を伺いました。

 2007年に設立。「人材育成と経営支援を通して、いかなる環境においても幸福を追求できるヒトと企業を作る。」という経営理念のもと、創業以来1200社以上の実績を持ち、営業効率の改善、営業マーケティング支援を行い、ご活躍されている企業様です。

 そんな人材育成を大切にしているエッジコネクション様だからこそできる経験やスキル、社風など魅力たっぷりなインタビューでした。

Q:貴社の教育の強みをお聞かせください

 基本的には、入社時期がバラバラなので一般的な集合型の教育ではなく1対1での教育を1か月間行っています。

 当社の営業は本配属から赤字化しないためにも、初月からの戦力化を前提として、カリキュラムを組んでいます。実際にクライアント様へ提供している研修サービスを受けられますので、営業マンを育てるスピードはかなり速いです。

 また社内でのスキルアップ研修については、業界勉強会やノウハウ共有会など一人一人が学びたい内容、得たいスキルに応じて受けられるようカリキュラムを充実させているので、非常に成長できる環境であると考えています。

 1か月間の研修が終わった後は、その都度必要な研修を行っています。

Q:過去の失敗から、現在はどういう変化を遂げられたのかお聞かせください

 2つありました。

1つ目は、もう少し早く、細かいカリキュラムを増やせばよかったということです。
どんなレベルの方が入社してきたとしても、一定の期間で同じスキルを身に着けなければいけません。
しかし以前は、人によって個人差が出てしまっていました。現在はそれを改善するために、部分ごとに、細かく研修のカリキュラムを増やしています。


 2つ目は、新入社員に求めることの基準が大きすぎたということです。社長や役員陣は自分のすごさに気づいていなくて、社員に必要以上を求めてしまうケースってあると思うんです。「自分ができるから社員もできる」という社長の考えと、「いやそんなこと無理でしょう」という社員とのずれがあったことが失敗の一つですね。今は役員陣ではなく、一般社員が教育に当たっているので、研修のずれはかなりなくなっていると思います。

Q:貴社の理念についてお聞かせください

 「人材育成と経営支援を通して、いかなる環境においても幸福を追求できるヒトと企業を作る」という理念があります。人生の1/3を費やす仕事において働いている間も幸せになっていないと意味がないということです。

 例えばですけど、週5日勤務で月100万円稼いでいる社員がいたとして、もし仮にその人がそんなにお金は必要ないからプライベートを充実させていきたいという気持ちになったとします。その社員が「週2日勤務で月30万円にしてください」と言えて、尚且つ人生の選択の幅を広げられるような会社にしていきたいです。また、社会に貢献していくという意味でも、「幸福を世の中へ与えられるようになっていきたい」という想いから、早く戦力化できるノウハウを蓄積して、企業様にコンサルティングとして提供していきたいです。

Q:どのような人材を求めていますか?

 「成長意欲のある人」と「素直さのある人」が入社して欲しい人材の特徴ですね。

 成長意欲に関しては、何かしら目的があってそれに対して貪欲に働いていける人じゃないと、当社にはあっていないなと感じます。教えたとしても、結局吸収してもらえないということがあるので、成長意欲は非常に重要だと思います。

 素直さに関しては、当社の5つの行動指針の中に「素直」という項目があるので、非常に重要視しています。ストレートに言うと、「自分の弱いところ、嫌なところ」を見つけることが好きな人が当社にはあっているかもしれないですね。

 仕事において、お金がかかるものは責任の所在が明確なんですよ。良い仕事をしていない人の売り上げは上がらないし、売り上げが低いということは自分が悪いんだということがよくわかる会社だと思います。よく社員から、「数字が明確な分、他者に愚痴れない会社」と言われますね。「こういうスキルを身に着けないと、次のステップにいけないな」とか「何が自分に足りていないのかがわからない」ということもなく、気づきやすい環境なので自分の弱点がよくわかるんですね。

 だから自分に変に自信があって、人から言われるのが嫌だと思う人は、すごくつらい会社だと思います。

Q:貴社で活躍されている人材の特徴についてお聞かせください

 責任感のある人が活躍しています。
 活躍、成長できるくらいのシステムは整っているので、自分の仕事に対して責任をもって取り組む姿勢や自分の仕事へのあるべき姿が明確な人は活躍していますね。

Q:今後の会社の展望は?

 企業規模でいうと、来年の3月から6月くらいまでに、今の従業員数を倍くらいにしていくとともに、社内の制度も整えていきたいですね。お仕事の依頼も年々増えてきています。依頼いただいた内容の成果をあげ、きちんと結果としてお返しすることに真摯に取り組めば、増員と同様、スピード感をもって事業拡大を進めていけると思っています。

「すごい会社だね」と思われることが会社にとっても働いている社員のモチベーション的にも、すべてにおいて良い結果をもたらすだろうというのは想像に容易です。広報的な露出は今後のいい循環になっていくと思うので、積極的に行っていきたいです。

 教育的な側面では、「今の自分の足りないところ、悪いところ」などを、わかりやすくする環境作りをこれからも続けていきたいですね。気づきがあって人の成長があると思うので、そこは大切にしていきたいです。

Q:貴社の会社の雰囲気についてお聞かせください

 当社は、メリハリのある会社といわれます。社員間で仕事上の妬みや嫉みもなく、食事に行ったりお酒を飲みに行ったりとプライべートも大切にするようなクリーンな社風です。

Q:入社後どんなスキルが得られますか?

 当社のビジネスモデル的に様々な企業様の商材を扱う業界なんですね。IT系もあれば食品系など有形無形・業種問わず様々な業界知識を得ることができるので、商材関係なくどんな業界でもすぐ活躍できる営業になれます。市場価値の高い営業人材になるためのスキルを磨くことができますね。

Q:学生の皆様へメッセージをお願いします

 価値観さえ合えば、それに対してある程度のバックアップとスキルアップのための体制は整えています。コミュニケーションがよくとれる風通しの良い社風です。
 今までお話させていただいたことに対して、「いいな!」「気になるな!」と思うことがあれば詳しい内容も説明会にてお話しますので、是非お待ちしております。

インタビュアーのコメント

 今回は五反田に本社を構えている株式会社エッジコネクション様をインタビューさせていただきました。

 取材している側でありながら大変勉強をさせていただきました。人事担当の趙さん社長の大村さんはとても気さくな方で、インタビュー中に緊張していた私に温かい言葉をかけていただくなど、終始和やかな雰囲気でした。

 特に、働いている社員の選択肢を増やして幸福の追求のために人材育成を行っているという点で、すごく一人一人の社員の人生を大切にしている企業様だと感じました。「最短で成長していきたい」「市場価値の高い人材になっていきたい」という志の高い方は、是非説明会に参加していただきたいです。

 今後のエッジコネクション様のご活躍が非常に楽しみです。ありがとうございました。

(インタビュアー:平田)

応募はこちらから!

公式採用サイト
https://edge-connection.co.jp/recruit/

Wantedly
https://www.wantedly.com/companies/company_173376

会社概要

社名:株式会社エッジコネクション
設立:2003年12月12日
所在地:東京都品川区西五反田1-11-1 AIOS五反田駅前5F
ホームページ:https://edge-connection.co.jp/

大村康雄/代表取締役社長

宮崎県延岡市出身。慶應義塾大学経済学部武山研究会(通称:KEG1期生)卒業。在学中に有限会社ネクストサービスサプライヤーを創業するも新卒で米系金融機関のシティバンク銀行入行。営業職として同期入社で唯一16ヶ月連続売上目標を達成。

2007年、日本の営業マーケティング活動はもっと効率的にできるという思いから営業支援・コンサルティング事業を展開する株式会社エッジコネクション創業。ワークライフバランスを保ちつつ業績を上げる様々な経営ノウハウを構築、体系化し、多くの経営者が経営に苦しむ状況を変えるべく各種ノウハウをコンサルティング業、各メディア等で発信中。​

​​1200社以上支援し、90%以上の現場にて売上アップや残業削減。創業前・創業1年未満の企業支援では80%以上が初年度黒字を達成。東京都中小企業振興公社や宮崎県延岡市商工会議所など各地で講師経験多数。​

コメント