1. HOME
  2. インタビュー記事
  3. 社員と共に成長する@株式会社アサヒ

INTERVIEW

社員と共に成長する@株式会社アサヒ

今回は医療機器や産業機器などの製造で多くの人々の生活を支えている株式会社アサヒの石原様のお話を伺いました。社内教育の取り組みや、今後の目標についてお伝えします。

貴社の事業内容について教えてください。

弊社は、医療機器・産業機器を中心とした製造を行っています。具体的には、医療機器はMRI・レントゲン装置のユニット製作や修理など、産業機器は上下水道・焼却炉など動かすための制御システムが挙げられます。

お客様のオーダーから始まり、営業・設計・製造・保守メンテナンスを、一貫体制で迅速に対応できることは、弊社の強みでもあります。最近では医療系の企業様と、乳がん超音波診断装置の製造や美容機器の開発を行っております。また、ソーラーコンテナハウス・蓄電池システムや、ロボットティーチングなど、新規事業を立ち上げ、社員一丸となって新たな取り組みに挑戦しています。

貴社の教育、研修の取り組みについて教えてください。

弊社の教育制度は2021年から大きく変わりました。年次別の目標と将来像を設定する「3年間計画」を基に、将来像に向けて、きめ細かいフォローアップ態勢を整えています。

また、OJT担当者以外に、教育担当者とも定期的に面談を実施し、メンタル面でもサポートします。新入社員の方々に、安心して働いてもらえるような職場環境を心掛けています。

貴社の求める人物像について教えてください。

弊社が求める人物像は、自然体で周囲の人や物事に接することができる素直な人です。また、ゼロから何かを作ることに興味がある人、機械操作が好きな人は、ものづくりの現場に向いていると思います。入社時に製作・設計が未経験な方も活躍しているので、興味がある方はどんどん応募してください。

最近は、乳がん超音波診断装置や美容機器の開発といった、女性が使用する機械を作っているので、女性の意見を多く取り入れています。製造業は男性が多いイメージですが、若手でも女性が活躍できる機会が増えています。

弊社は「報連相」を大事にしているので、些細なことでも、周囲と情報を共有して、先輩に報告・相談できるような人材になってもらいたいです。

貴社の今後の目標について教えてください。

今後の目標は社員教育の体系を確立させ、より一人ひとりの成長をサポートしていきたいと思っています。

全社員共通で行っているPDCAサイクルを若手社員にも定着させていき、社員全員が課題や解決策を自発的に考え、改善に向けてアクションをとれるようになってもらいたいです。

また、ソーラーコンテナハウス・蓄電池システムや、ロボットティーチングなどの新規事業を継続的に進め、企業としても新しいことに積極的に取り組む予定です。

学生の方に応援のメッセージをお願い致します。

固定概念にとらわれず、様々な企業に挑戦してみてください。自分が興味ある業種・会社には、積極的に足を運んでみると良いと思います。会社によって、社風・価値観など様々なので、ぜひ自分の目や肌で感じてみてください。就職活動は、自分が得意なこと・好きなもの・やりたいこと・これまでの経験など、自分を見つめ直す良い機会でもあります。応援しています。

Q:インタビュアーのコメント

入社してからの「3年間計画」を始めとした社内施策が、とても素晴らしい取り組みだと思いました。誰もが入社直後は緊張や不安を抱える中、メンタル面のサポートや若手社員の意見を取り入れていきたいという姿勢は社員のことを大切に思うからこそだと思います。
しっかりと成長していきたい。ものづくりを通して人々の生活を支えたい。という方は是非選考活動にお進みください。

(インタビュアー:古郡)

応募はこちらから!

公式HP
http://www.asahi-j.com/

公式Facebook
https://www.facebook.com/株式会社アサヒ-2235693593381952/

マイナビ2022
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp66178/outline.html