就活生は押さえておきたい「就活することリスト」まとめ

就活TOPIC

皆さんこんにちは。 このサイトを確認された方は、就活中、もしくは今後就活をされる方が 多いのではないでしょうか。 ただ就活といっても「何から始めればいいかわからない」 といった方も多くいらっしゃいます。 今回はそんな就活生の方に「就活することリスト」として まとめましたので、参考にしていただければと思います。

準備過程

初めに、選考会前の準備過程について説明します。 就活は選考会に参加することだけではありません。 選考会が始まる前から事前に準備しておかなければ、 いざ選考会が始まった際に軸の定まらない就活になり、 自分の首を絞めてしまう可能性があります。 そのため事前の準備内容を確認し、 気持ちの良いスタートを切りましょう。

自己分析

事前準備の基本として1番に挙げられるのが 「自己分析」です。 自己分析は自分の強み、弱みを理解できるほか、 自分が就職したい職業や職種の方向性が決められます。 また、自己分析をしっかり行うことで、エントリーシートの作成時や面接の際に受け答えがしっかりできるようになります。 自己分析を行う方法として、自己分析ツールを使う他に 他者に相談してアドバイスをもらうことも大切です。

業界研究

就活前に行っておくことで次に挙げられるのが 「業界研究」です。 業界研究は、自分が興味を持った業界の事業内容や業界の知識を深める ことができます。 もし希望した業界に就職できたとしても、働き始めてからイメージしていた 業務ではないと感じるのは不本意だと思います。 そのために事前に業界理解を深めましょう。

筆記試験対策

就活において、必ず行われるのがSPIなどの筆記試験です。 筆記試験は一次選考後すぐに行われるケースが多く、選考の中でも早い段階で行われるため、事前準備は必須です。 筆記試験の問題内容としては難しいものは多くないですが、 筆記試験で選考落ちする可能性も多々あるため準備は必須です。

面接対策

就活で必ず行われるのは面接です。 面接は選考活動において1番対策が必須です。 面接では自分自身を知ってもらうほか、企業と就活生がマッチしているかを 確認する場でもあります。 そのため企業側の質問に詰まってしまうようでは、 落とされてしまいかねません。 事前に何回も練習を重ねて、自信をもって 挑みましょう。

エントリーシート作成

就活の選考において、1番最初の選考はエントリーシートです。 エントリーシートは自分の経歴を知ってもらえるほか、 自分の強みを知ってもらえます。 エントリーシートは一次選考に進む際、 必ずと言っていいほど使用します。 そのためどのようなことを書くかを 事前に用意しておくことが必要です。 特に業界、業種によって求められる人材が 異なるため、複数の内容を用意しておきましょう。

選考過程

ここまで就活においての選考前にやるべきことを伝えてきました。 それでは次に選考までの過程をお伝えします。 企業説明会の参加の仕方や、どういった企業の説明会に参加するのかを 決めていきましょう。

企業説明会への出席

企業説明会は、会社の強みや事業内容の話を直接聞くことのできる場ですから、事前に調べた内容より深く会社のことを知ることができます。 また会社説明会では、その後の選考フローなどを知ることができます。 しかし、企業説明会に参加する場合は日程決めや移動時間など、1社参加するだけでも コストがかかります。 そのため事前に企業説明会に参加する企業を絞っていきましょう。

OB/OG訪問

OB/OG訪問は、自分の出身校の先輩社員に直接話を聞ける場です。 先輩に話を聞くことによって、業界知識を深められるほか、 先輩が行ってきた就活内容を聞くことができます。 その先輩の就活の軸を聞くことによって、新しい発見や 志望動機などの参考にもなります。 また、OB/OGがいない場合は、その企業に直接メールや連絡を入れることで アポイントが取れる場合がありますので、積極的に行いましょう。

自己PR・志望動機

自己PR・志望動機は、自分の強みや、何故その企業に入社したいのかを 知ってもらえるチャンスです。 そのため、自分の長所を積極的にアピールしたいところですが、注意点があります。 それは、ただの自慢話にしてはいけないということです。 また、内容を確認するのは何人もの就活生を見てきているプロです。 そのため、インターネットなどに載っているような内容だと担当者には 響きません。自分自身で考えて、相手に伝わりやすいものにしましょう。

企業への応募

企業への応募は、その企業の選考に進むことを意味します。 選考に進むためにも、まずは総合採用媒体に登録しましょう。 総合採用媒体では多くの企業にエントリーができるほか、 選考情報などを多く入手することができるので、多くの総合採用媒体に登録することをおススメいたします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 就活は選考が進む前から始まっています。 今現在就活をされている方々も、できていない項目があったのではないでしょうか。 そういった項目を無くしていくことが、就活において確実に内定を獲得する近道です。 そのため就活に挑む前に、事前に やることをリスト化し、何が自分の中で大切なのか順位付けしましょう。 最後に、就活を行っていく中で、悩みや不安などが出てくることもあると思います。 そんな時は一人で悩まずに、家族や友人、学校の先生などに相談しましょう。 客観的な視点が入ることで新しい発見があると思います。 皆さんの就活がより良い活動になれば幸いです。

コメント